地域冷暖房

エネルギーセンターで冷水・温水・蒸気をつくり、地域導管を通じて一定地域内の複数のお客さまの冷暖房や給湯を行う省エネルギーシステムです。

従来建物ごとに熱源設備を持ち、冷暖房や給湯を行っていたものを集中化することにより、様々な導入メリットをご提供します。

エネルギーの有効利用

地域冷暖房はピークの異なる用途の建物に対して一括熱供給するため、負荷の平準化がはかられるとともに、大型機器の採用や機器の集中管理制御により、高効率運転が可能です。さらに、コージェネレーションシステム排熱や未利用エネルギーを有効に活用し、化石エネルギー消費の低減をはかることもできます。

熱の安定供給

昼夜の区別なく空調を利用する建物は、年々増えています。
熱供給事業法で熱の安定供給が義務付けられている地域冷暖房は、運転・保守管理も万全です。

省力化

各建物には、熱源設備、貯油設備等がなくなるので、一定の資格を持つ主任技術者や運転管理要員が不要。プラント要員も、個別冷暖房方式における個々のビル 要員総計よりも少なくてすみ、地域全体で省力化が可能です。

都市の環境改善に寄与

個別ビルの設備を集約し、燃料の良質化、ボイラーの大型化をはかることで、SOx、NOx、CO、すす、粉塵などの大気汚染が防止できます。さらに騒音、振動などの対策も集中的に管理でき、公害の防止に効果的です。

都市美観の向上

地域冷暖房を受け入れる各建物では、煙突や冷却塔がなくなるので、建物構造的にも有利です。設計上も自由度が増し、都市の美観向上に役立ちます。

都市防災機能の向上

燃料を扱うのはエネルギーセンターだけです。そのため各建物では、危険物の貯蔵および取り扱いが不要となり、タンクローリー車などの出入りもなく安全で す。

スペースの有効利用

各建物の冷凍機、ボイラー、冷却塔、貯油設備などが不要になるため、その分スペースの有効利用がはかれます。また、プラントを設置する建物には、プラント 面積に相当する容積率が緩和されます。

導入事例

名古屋栄三丁目地区
供給地 名古屋市中区 栄ガスビル周辺
供給開始 1990年6月
小牧駅西地区
供給地 小牧市 小牧ガスビル周辺
供給開始 1990年10月
名駅南地区
供給地 名古屋市中村区 名鉄名古屋駅周辺
供給開始 1998年12月
名古屋栄三丁目北地区
供給地 名古屋市中区 栄三丁目ビルディング周辺
供給開始 2005年3月
東桜地区
供給地 名古屋市東区・中区 アーバンネット名古屋ビル周辺
供給開始 2005年10月
今池地区
供給地 名古屋市千種区 今池ガスビル周辺
供給開始 1986年6月
千代田地区
供給地 名古屋市中区 アーバニア千代田周辺
供給開始 1987年4月
城北地区
供給地 名古屋市北区 ザ・シーン城北
供給開始 1996年6月
池下地区
供給地 名古屋市千種区 サンクレア池下周辺
供給開始 1997年10月
JR東海名古屋駅周辺地区(名古屋熱供給株式会社)
供給地 名古屋市中村区 JRセントラルタワーズ周辺
供給開始 1999年12月
中部国際空港島地区(中部国際空港エネルギー供給株式会社)
供給地 常滑市セントレア
供給開始 2004年10月
名駅東地区(DHC名古屋株式会社)
供給地 名古屋市中村区 ミッドランドスクエア周辺
供給開始 2006年10月
クオリティライフ21城北地区(名古屋都市エネルギー株式会社)
供給地 名古屋市北区 西部医療センター中央病院(仮称)周辺
供給開始 2010年度

このページの先頭へ

前のページへ戻る
工場業種別ソリューション
GASMO-NAVI会員の方へ
会員ログイン
クリックするとユーザID・パスワードの入力画面が表示されます。

GASMO-NAVI会員に登録すると、詳細な事例紹介など会員限定のコンテンツがご覧いただけます。
是非ご登録ください(登録無料)

お問い合わせ

お見積りや提案のご依頼、ご相談はお気軽にお問い合わせください