水管ボイラ

特長

高圧・大容量化に向く

水管群で構成され、また燃焼室を大きく設計できるため、高圧・大容量の蒸気発生に適しています。

起蒸時間が短い(短時間での蒸気の立ち上がり)

同じ容量の炉筒煙管ボイラに比べ、伝熱面積当たりの保有水量(ボイラが有する水量)が少ないため、起動から所要蒸気を発生するまでの時間が短くなります。

寿命が長い

同じ容量の貫流ボイラに比べ、燃焼室当たり、伝熱面積当たりの燃焼負荷が小さいため、長時間の連続運転にも耐えられます。

水管ボイラの構造

都市ガスボイラは硫黄分によるエコノマイザの低温腐食がなく、低温までの徹底した廃熱回収がなされており省エネルギー性に優れています。また、伝熱面へのスス付着によるボイラ効率低下もありません。工場における蒸気発生・輸送・使用実態を調査した上で、お客さまに適した最新の高効率ボイラをご紹介いたします。

東邦ガスへのお問い合わせはこちらへ

協力メーカー

株式会社IHI汎用ボイラ

川重冷熱工業株式会社

株式会社日本サーモエナー

このページの先頭へ

前のページへ戻る
工場業種別ソリューション
GASMO-NAVI会員の方へ
会員ログイン
クリックするとユーザID・パスワードの入力画面が表示されます。

GASMO-NAVI会員に登録すると、詳細な事例紹介など会員限定のコンテンツがご覧いただけます。
是非ご登録ください(登録無料)

お問い合わせ

お見積りや提案のご依頼、ご相談はお気軽にお問い合わせください