熱媒ボイラ

特長

高温用途に最適

熱媒体として油を利用するため、常圧で高温を得ることができます。

均一で精密な温度制御

熱媒油は液相で間接加熱であるため、200℃以上の加熱域における精密な温度制御が実現できます。

配管腐食の心配がない

熱媒油を閉回路で循環するため、配管腐食の心配がなく、給排水の水処理も不要です。

熱媒ボイラの構造

東邦ガスは多様なご提案実績を活かし、熱媒ボイラに対しても、排ガスの熱で燃焼空気を予熱する空気予熱器の設置検討や、燃焼空気温度や気温の変化にも燃焼排ガス中のO2濃度を一定に保つことができる空気比制御システムの適用検討など、お客さまの省エネルギーをお手伝いいたします。

東邦ガスへのお問い合わせはこちらへ

協力メーカー

株式会社サムソン

株式会社日本サーモエナー

三浦工業株式会社

このページの先頭へ

前のページへ戻る
工場業種別ソリューション
GASMO-NAVI会員の方へ
会員ログイン
クリックするとユーザID・パスワードの入力画面が表示されます。

GASMO-NAVI会員に登録すると、詳細な事例紹介など会員限定のコンテンツがご覧いただけます。
是非ご登録ください(登録無料)

お問い合わせ

お見積りや提案のご依頼、ご相談はお気軽にお問い合わせください